電話:052-833-1515

名古屋市昭和区川名山町93-3 レジデンス川名山

メールのお問い合わせはこちら

駐車場完備


名古屋市 昭和区 歯医者 歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント

一般歯科・小児歯科

料金案内
ふたば歯科医院ふたばインプラント.com
クレジットカード クレジットカード
MOBILE SITE

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

一般歯科

虫歯治療

浅い虫歯の場合は、虫歯を除去し、プラスチックをその場で充填して治療は完了します。
深い虫歯の場合は、虫歯を除去した後、必要であれば神経を取り除きます。
治療は患者様に治療内容を確認した上で行いますので、ご安心ください。

一般歯科

歯内療法とは、歯の根の治療、消毒のことです。
歯の根ある歯髄が虫歯(う蝕)や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような時に、もし、その歯を救い、さらに長い期間機能させたいと思うならば、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療をします。

歯周病

虫歯が歯そのものの疾患であるのに対し、歯周病は歯のまわりの組織(歯根膜、歯ぐき、歯槽骨など)の疾患です。

最初は歯肉の軽度の出血や腫れにはじまり徐々に進行し、歯が少しずつグラグラしはじめ最終的には抜け落ちてしまう恐い病気です。歯周病は歯の表面につくプラーク(歯垢)によって起こります。歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎のふたつに分けられます。

世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいますが歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

歯周病の治療

ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解していただいた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。
ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。
スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。
一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。
フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

歯周病は痛みが無い為に発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院され安定した歯ぐきの状態を管理していくことが大切です。
詳しくは、当院までお気軽にご相談ください。

小児歯科

小児歯科とは

「子どもの歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のままほうっておいても大丈夫」なんて思っていませんか?

乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。

乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。お子様の正常な成長発育には欠かせないものです。治療と同時により予防もさらに大切です。

小児歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人は我慢できることでも子どもにとっては大変です。
特に小さなお子様なら尚更です。当院ではそれぞれのお子様の性格を理解した上で根気よく且つ慎重な治療を受けていただけるよう努めております。恐がることはありません、安心して治療を受けに来てください。

受診は午前中がおすすめ
幼児の治療は体調の良い午前中に受診することをおすすめします。昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いものです。
嘘はつかない
なるべく嘘をついて連れてこないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。そのかわり治療の後は、たくさん褒めてあげてください。
身軽な服装を
幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあります。汗をかきますので、治療中はTシャツなど身軽な服装にさせましょう。
リラックスさせよう
待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、なるべくリラックスさせるようにしてあげてください。

定期検診

定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデーターがあります。13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯ができています。
こうしてみると小さい時からの予防がいかに大切かということがわかると思います。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。ご家庭での歯磨き習慣などのケアはもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科検診を受けられることをおすすめします。
そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

PAGE TOP